進行する前に!癌は転移する前に早目に見つけることがとても重要

医師と看護師

治療方法と近年の状況

免疫細胞療法

smile

胆のうがんを治療する方法には3つあります。その中でもあまり人に知られていない方法が免疫細胞療法です。これは身体の免疫細胞の量を多くして機能を高める治療方法です。この治療方法のメリットは進行しているがんに対して非常に有効であることです。がんは早期に発見して治療することが望ましいですが、それはなかなか難しいです。そうした場合において非常に効き目があるのが免疫細胞療法です。胆のうがんを治療するのに自身の細胞を利用しますので、副作用が非常に少なくて、身体に対しても負担がありません。また、この免疫細胞療法とともに行われる療法もあります。それが活性化リンパ球療法です。これはリンパ球を増加させて再発防止として治療します。

切除方法と近年の傾向

胆のうがんの症状が進行してしまい内服薬によって治療することが難しいときに行われるのが外科手術です。がんが拡大すると他の臓器にも転移してしまって内服薬ではなく、直接メスで取り除くことが望ましくなります。もちろん、他の部分に転移したがんの症状が軽いものであれば、抗がん剤を使ったり放射線療法を行うことが一般的です。メスによる施術は身体にある程度の負担がかかりますので、避けた方が良いのです。このように、胆のうがんの治療方法はケースによって行われるものが異なり、多様化しています。そのため、1990年代後半頃から胆のうがんによる死亡率が年々減少しています。最近はアガリクスなどの免疫力を高める健康食品が代替療法としても使われるようになり、ますます治療が容易になっています。